www.beltwaygraphics.com

フリーランスにとっての税務調査

多くのフリーランスの方が恐れているイベントの1つに、税務調査があります。
普通の会社では、数年に一度、税務署の役人が税務調査にやって来ます。そして、帳簿を念入りに調べ、その結果、法人税などの申告内容に不足が見つかれば、追徴課税が課せられます。その対策もあって、多くの会社では税理士と顧問契約を結んでいます。友人にも教えたサイト→税務調査に強い税理士を是非ご覧ください。

 

この税務調査は、会社だけでなく個人事業主も対象になります。しかし、建前上は個人事業主全員が対象ですが、実は、むしろ対象にならない人の方が多いです。情報はこちら税務調査 税理士を参考にしてください。

 

具体的には、年間の売り上げが少ない場合は、ちゃんとした確定申告さえしていれば、調査が入る可能性は極めて少ないといえます。一度、知り合いの税理士に聞いてみたことがありますが、個人事業主に対する税務調査対応の仕事をやったことは、ほとんどないということでした。税務署では、莫大な数の会社や個人事業主を扱わなければなりませんので、弱小事業者まで相手にする余裕がないためと思われます。もっと調べたい方はこちら税務調査 税理士←ここ。

 

しかし、全く可能性がないわけではありませんので、脱税行為をしないのはもちろんのこと、日々の会計処理や、領収書などの保存をおろそかにしないように、十分気を付けましょう。